ご学校案内

教育目的・目標

教育目的
 
  豊かな人間性と創造的に看護を実践できる基礎的能力・態度および生涯における自己教育力を養い、
  看護を通して社会に貢献できる有能な人材を育成する 。
 
教育目標
1. 生命の尊重と人間の尊厳を基調とした豊かな人間性を育成する。
2. 創造的に看護を実践するための基礎的知識・技術・態度を養う。
  1) 看護の対象の個別的理解のための基礎的知識・技術・態度を養う。
  2) 看護の対象の健康問題を解決するため、科学的根拠に基づいた
看護を実践できる基礎的知識・技術・態度を養う。
  3) 保健医療福祉チームの一員として他職種と協力し、積極的に看護
の役割を果たすことが出来る。
3. 看護師としての社会的責任を自覚し、看護の向上をめざして自己教
育のできる態度を養う。

カリキュラム

カリキュラム

教育内容

基礎分野 在宅看護実習室
科学的思考の基盤 基礎科学(物理、化学、生物)情報科学
人間と生活・社会の理解 哲学 心理学 人間関係とコミュニケーション
    スポーツと健康科学 教育学 社会学 英語Ⅰ 英語Ⅱ
比較文化論 地域文化(芸術 ボランティア※1科目必修選択)
基礎分野 成人・老年看護学実習室
人体の構造と機能 解剖生理学Ⅰ 解剖生理学Ⅱ
疾病の成り立ちと回復の促進 病態生理学Ⅰ 病態生理学Ⅱ 臨床栄養学 治療学概論
    リハビリテーション医学 病気と薬 免疫と病原微生物
健康支援と社会保障制度 関係法規 保健医療福祉行政論Ⅰ 保健医療福祉行政論Ⅱ
健康管理概論 保健統計 保健医療福祉従事者の役割と倫理
基礎分野 母性小児看護学実習室
基礎看護学 看護概論Ⅰ 看護概論Ⅱ 援助関係の成立とコミュニケーション
フィジカルアセスメント 基礎看護方法Ⅰ 基礎看護方法Ⅱ
基礎看護方法Ⅲ 基礎看護方法Ⅳ 基礎看護方法Ⅴ
臨地実習(基礎看護学) 基礎看護学実習Ⅰ 基礎看護学実習Ⅱ 基礎看護学実習Ⅲ
基礎分野  
成人看護学 成人看護概論 成人看護方法Ⅰ 成人看護方法Ⅱ
老年看護学 老年看護概論 老年の健康と看護 老年看護方法Ⅰ 老年看護方法Ⅱ
小児看護学 小児看護概論 小児の健康と看護 小児看護方法Ⅰ 小児看護方法Ⅱ
母性看護学 母性看護概論 母性の健康と看護 母性看護方法Ⅰ 母性看護方法Ⅱ
精神看護学 精神看護概論 精神の健康と看護 精神看護方法Ⅰ 精神看護方法Ⅱ
臨地実習 成人看護学
 成人看護学実習Ⅰ「急性期〜回復期にある成人の看護」
 成人看護学実習Ⅱ「慢性期にある成人の看護」
 成人看護学実習Ⅲ「終末期にある成人の看護」
老年看護学
 老年看護学実習Ⅰ「地域老年看護」
 老年看護学実習Ⅱ「健康障害をもつ老年の看護」
小児看護学・・・小児看護学実習
母性看護学・・・母性看護学実習
精神看護学・・・精神看護学実習
体育館
基礎分野 図書室
在宅看護論 在宅看護概論 在宅看護方法Ⅰ 在宅看護方法Ⅱ
看護の統合と実践 医療安全 災害看護 国際看護 看護管理 看護技術ゼミナール
臨地実習 在宅看護論・・・在宅看護論実習Ⅰ 在宅看護論実習Ⅱ
看護の統合と実践・・・看護統合実習

教科紹介・教員紹介

基礎看護学
 看護についての最初の専門科目です。まず、看護の対象となる人間とは何かを理解することから学び始めます。人間はどのようにして生きているのか、食べる・休む・動く・排泄するとはどのようなことなのか、より人間らしく生きるための生活を理解することや、人間関係を成立・発展させるためのコミュニケーション技術を高めることに力を入れています。
また、看護技術の大原則となる安全・安楽・自立を考え、よりその人にあった個別性を考えた看護援助が行えることをめざしています。そのために必要となる知識と技術を、講義と校内実習の両方で確認しながら進めています。特に校内実習では、根拠に基づいた技術の実践のための指導を強化しています。看護師役・患者役・観察者役とそれぞれの役割を通してよりよい技術の追求をしていきます。看護者としての知識と技術と態度を身に付け、臨地実習につなげられるようにしています。
教員:佐藤 千代子 教員:日下 由利子
教科担当: 佐藤 千代子 日下 由利子
成人看護学
 成人看護学は看護カリキュラムの中で多くのことを学ぶ領域です。成人期という、人生で一番長く変化の著しい期間の対象者への看護を学ぶにあたっては、対象者の身体的な健康レベルだけでなく、これまでその人が生活していた家庭や社会における役割、生活習慣、価値観や心理的側面を理解することが求められます。成人期では、生活習慣病が大きな社会問題になっています。そのために成人期の健康障害(病気やげがなど)の理解をし、健康の回復への看護、手術に伴う看護、生活の再構築・社会復帰への看護、あるいは死の看取りへの看護などを学んでいきます。
 臨地実習では講義で学んだ知識と技術を活用し、対象の個別性を踏まえた看護実践に結び付けられるようにしています。成人を取り巻く社会状況に関して問題意識をもち看護職としての役割を考察できる力を養います。
教員:西 史代 教員:福原 史津
教科担当:足沢 美由貴 西 史代 福原 史津
老年看護学
 老年看護学は、老年期を生きることの意味と価値について理解を深め、高齢者がその人らしく生き生きと日常生活を送ることができる看護を目指しています。そのためには、まず看護の対象である高齢者の特徴を知ることが大切です。加齢に伴う心身の変化と生活に及ぼす影響について理解を深め、老年期特有の疾病や障害を持ちながら生きる高齢者と、その家族を支える看護を実践していくための知識や技術について学習します。講義だけでなく演習や高齢者施設・病院と、多様な実習場所で学び、医療はもとより、保健、福祉との調整能力も必要となります。高齢者に関わる実践は、チームアプローチであり、関連領域との学際的連携が必要不可欠です。
 老年期は過去の生活や考え方、社会との関わり方、全てが反映される人生の集大成の時期といえます。老年看護学領域は、一人一人の人生の歴史を大切にし、その人の存在が輝き続けることを大切にする領域です。高齢者を支える他職種の専門家と協働して、老年看護学を学んでいきましょう。
教員:百々 由美子
教科担当: 百々 由美子
小児看護学
 小児看護学では子どもの権利を守り、家庭や病院、地域の中で健やかな成長・発達ができるような看護を目指しています。小児看護学の対象者はお母さんのおなかの中にいる胎児期から思春期までの子どもと家族です。健康な子どもから疾病や障害のある子どもの健康を維持・増進し、個別性に応じた子どもと家族の生活を考えていきます。近年、子どもと家族を取り巻く社会環境は少子化をはじめ、核家族、子育て不安、虐待、いじめ等さまざまな問題があります。看護師として何が求められているのか考え、学んでいきましょう。
 臨地実習では健康な乳幼児の発達段階を理解するために保育所実習で子ども達と関わり、健康障害のある子どもの看護を展開するために小児病棟・小児科外来で実習を行います。また、障害のある子どもを理解するために障害児施設実習で学びます。小児医療に携わる看護師としてあらゆる場面でも
その子らしい成長・発達を支援できる看護を考えていきましょう。
教員:高橋 恵子
教科担当: 高橋 恵子
母性看護学
 母性看護学の対象は妊娠・出産する女性だけでなく、すべてのライフステージの女性を対象とし、女性の健康支援を行う学問です。そして、現代の女性を取り巻く様々な問題や事象に多角的に解釈できる基礎的能力の習得を目指します。また、講義ではジェンダーやセクシュアリティを身近なこととして考えられるような問題提起に努めています。さらに、母性看護学実習の前に新生児の観察や沐浴を丁寧に学内実習してから臨地実習に臨みます。
 母性看護学実習では女性が我が子を大切に思いながら妊娠期を過ごす様子を知り、出産の見学を通して生命誕生の神秘に感動し、そして母としての生活へ適応する経過を傍らで見守ることができます。新生児に触れる時の緊張感、新生児の日々の表情の変化に驚き、家族と一緒に退院する微笑ましい光景を目の当たりにできる貴重な実習です。それは、学生自身が自らの将来像に置き換え、生命の大切さや人を大切にする心、自らの母性・父性意識も考えることができます。
教員
教科担当: 足沢 美由貴
<教務主任>
精神看護学
 現代はストレスが多い社会と言われています。社会構造の変化やIT化の推進、対人関係の希薄さなど、急激に変化する現代社会は、人々の心にストレスを与えています。このような時代のもとに生きる人々の心の健康の保持・増進は大きな課題となっています。
 精神看護学では対人関係・ライフサイクル・社会生活環境の側面から、精神の健康の保持増進のための看護や精神障害を持つ対象に応じた看護について学びます。臨地実習では精神障害のある対象を総合的に理解し、自立のための看護援助を考えます。対象の関わりをとおして、自己洞察する(自分を見つめ直す)ことで自分の関わり方の特徴を知り、新たな自分を発見することができます。
 ストレスの多い現代、精神看護の重要性は増しています。心の問題を抱える人が本来のその人らしさや生活を取り戻し望む生活が送れるような援助をしていくことは勿論のこと、人々の心の健康を維持するためにも、精神看護の知識は欠かせないものになっています。共に学んでいきましょう。
教員
教科担当: 大和田 裕恵
在宅看護学
 たとえ病気でも、障がいがあっても、殆どの方が「最後の瞬間まで自宅で暮らしたい」と願うものです。
 「在宅看護論」では、様々な状況にある在宅療養者とその家族の方々が、住み慣れた地域の中で、生活の質(QOL)を保ちつつ安全・安楽に暮らせるように支援するための知識・技術・態度を学びます。在宅の対象者は、老年・成人・精神・母性・小児の全ての領域にわたっています。したがって知識の中には全ての領域の疾患・看護が含まれます。また、関係法規・社会資源に関する知識も必要不可欠です。技術面では、基礎看護学を応用し、自宅にある限られた資源を活用してその状況に適した技術が提供できるよう、校内実習を交えた学習をします。更に、訪問看護ステーション・保健福祉センターでの実習を通して地域看護に携わるうえで必要な態度も学びます。これからの時代は、確実に在宅看護の役割が大きくなります。「必要な時に、必要な援助を、必要なだけ」提供できるよう、一緒に学んでいきましょう。
教員
教科担当: 島谷 由美子
<実習調整者>
看護の統合と実践
 臨床実践に近い形で学習し、知識・技術を統合する分野です。卒業後、臨床現場にスムーズに適応できることを目的とし、チーム医療及び他職種との協働の中で看護師としてのメンバーシップ及びリーダーシップを理解し、看護をマネジメントできる基礎的知識を学びます。また、医療安全の基礎的
知識を学習し、災害直後から支援できる知識と国際社会において広い視野を持ち看護師として諸外国
と協力できる知識を学習します。本校独自の科目「看護技術ゼミナール」では、自分の看護技術の振り返りから始め、グループで看護実践力をアップさせるための学習を行い、この学習が創造的な看護の実践に繋がることを目指しています。そして、看護技術の集大成として看護技術の総合的な評価を行います。
 臨地実習では、複数患者を受け持ち、優先順位を考えた看護の展開や管理実習を通し看護管理者・チームリーダーの役割を考え、一勤務帯を通した実習や夜間実習を行い、臨床実践に近い形で必要な知識・技術・態度を総合的に習得していきます。
教科担当:佐藤 千代子、高橋 恵子
実習指導教員
臨地実習や校内実習を中心に指導を行っています。学生の気持ちや考えを尊重しながら、看護の楽しさを自ら見出せるような関わりを大切にしています。たくさんのことを学び、共に成長していきましょう。 教員
担当: 結城 悦加

事務職員紹介

事務室
 皆さんが自分らしく充実した学生生活が送ることができるよう心から応援します。そして頼れる事務室でありたいと思っています。一緒に楽しく頑張りましょう。 教員:橋本 幹雄 教員:菊地 珠美 教員:松本 つい子
  <事務長>
橋本 幹雄
<事務主任>
菊地 珠美
<図書担当>
松本 つい子

卒業の資格